ナイキ エア ヴェイパーマックス フライニット ストリング/サンセットグロー/トープグレ
  • 25cm: 26cm: 26.5cm: 27.5cm: 28cm: 29cm: 30cm:
商品名規格単価数量小計操作

商品概要

*** ナイキ スニーカー-ナイキ レブロン100%正規品なので安心してお買い上げ下さい、楽しいお買い物ができるように願っています!**——ナイキ エア ベイパーマックス ナイキ kd 見逃さないでください。***宙を舞うように前進
ナイキ エア ヴェイパーマックス フライニット ウィメンズ ランニングシューズは、クッショニングシステムを一新。足裏で重力を跳ね返すような軽くて弾力のある履き心地と、Flyknit素材によるぴったりと完璧なフィット感を提供します。
軽量クッショニング
かかとからつま先まで、Airクッショニングが衝撃を最大限に吸収。ソールの切り出し成型部分が、抜群の柔軟性と軽量化を実現します。
完璧なフィット感
ソックスのようにぴったりフィットして足を包み込むFlyknit素材が、軽くて通気性に優れた快適な履き心地を提供します。
しっかり固定
丈夫な軽量ケーブルで足中央部を包み込むFlywireテクノロジーが、シューレースと一体化。足をしっかり固定して安定させます。
詳細
つま先とかかとのオーバーレイが構造を強化して安定感を確保
ソールにラバーポッドを配してトラクションを強化
重量:約204g (ウィメンズサイズ25cm)
オフセット:10mm
デザインについて
Nikeのイノベーションの新時代を象徴するエア ヴェイパーマックス。クッショニングイノベーションデザイナーを務めるザカリー エルダーは、「Airのデザインに関する哲学を完全に変えました」と語ります。デザイナーたちがヴェイパーマックスで目指したのは、本当にAir (空気) の上を走っているような感覚。この目標を達成するため、まずは、アッパーに直接取り付けられるようAirユニットの再構築に取り組みました。「ここが最大の課題でした」と語るのは、シニアフットウェアデザイナーのトム ミナミ。しかし、試行錯誤から画期的な発明が生まれます。「ミッドソールやソックライナーを使わないと、まったく新しい方法でAirを感じることができるのです」とはミナミの弁。これまでのエア マックスのモデルではソールにできる限り多くのAirを入れることが目標でしたが、ヴェイパーマックスではAirを効率的に使うことに焦点が置かれています。「足を地面に置くと、それぞれのラグがAirユニットに押し付けられて圧力がかかります。そして足を地面から離すと、圧力が開放され、あの弾むような感覚が生まれるのです」とエルダーは説明します。発案から販売まで7年の歳月を要したシューズの誕生に、エルダーとミナミも大きな喜びを感じています。エルダーは語ります。「この製品をとても誇りに思っています。新しいアプローチは、Airにとっても、Nikeにとっても大きなターニングポイントになるでしょう」
ナイキ エア マックスの原点
Nikeの革新的なAir-SoleユニットがNikeのフットウェアに導入されたのは、1978年のこと。1987年には、外から見えるAirをヒールに搭載したナイキ エア マックス 1が登場し、ファンはAir-Soleの快適性を履いて感じるだけではなく、「見る」ことにもなったのです。その後、大胆なカラーコンビネーション、安定感、軽量クッショニングを提供する次世代のナイキ エア マックス シューズが、アスリートやコレクターの間で爆発的なヒットとなりました。
FLYKNITの原点
Nike Flyknitテクノロジーが生まれるきっかけとなったのは、足にぴったりとフィットした (素足のような) 履き心地のシューズを必要とするランナーからのフィードバックでした。Nikeでは、プログラマー、エンジニア、デザイナーを集めてチームを結成。4年の歳月を費やし、耐久性に優れながら、足と一体となるような構造を持つニットアッパーの完成に必要なテクノロジーを開発しました。その後さらに改良を重ね、一枚の層でサポート力、柔軟性、通気性を要所に的確に配置することに成功し、羽のように軽量で足の形状にぴったりとフィットする、ほぼ継ぎ目のないアッパーが完成しました。
原産国: 中国

ナイキ エア ベイパーマックス - NIKE AIR VAPORMAX

30年の歳月で辿り着いた最高峰のデザイン!
1987年に初めてビジブルエアを搭載した"AIR MAX 1(エアマックス1)"が登場した。直感的にわかるクッショニングシステムは、その後のナイキの代表作となり、いまも継続して衝撃的なアップグレード作が次々と発表されている。
そして次世代となる"AIR VAPORMAX(エア ベイパーマックス)"が、ナイキの新製品発表会で登場した。一体型で大容量のビジブルエアが、ここ最近の主流となっていたが、あたらしいVAPORMAXは個々が独立したエアユニットとなり、地面との接地面も最小限になるように構成されている。これまで覆うようにしていたミッドソールもなくし、軽量化を図るとともに、よりフレキシブルな履き心地を実現しているようだ。ちなみにアッパーは糸を編み込んで構成したフライニットを採用している。

 

ナイキ エア ヴェイパーマックス フライニット ストリング/サンセットグロー/トープグレナイキ エア ヴェイパーマックス フライニット ストリング/サンセットグロー/トープグレナイキ エア ヴェイパーマックス フライニット ストリング/サンセットグロー/トープグレ